様々な職種のスタッフが輝く老人保健施設

老人保健施設は、要介護認定を受けた高齢者を受け入れる施設です。
「老健」という略称でも知られています。
老人保健施設では受け入れ期間が限定されていて、高齢者は施設内で生活しながらリハビリなどの医療ケアを受けて自宅に戻ることが目標です。
生活の拠点と病院を兼ねたような施設であるため、老人保健施設ではいろいろ職種のスタッフが勤務しています。

まず、医師と看護師はこの施設に欠かせません。
施設によっては薬剤師も在籍しています。
リハビリを担当する専門スタッフとして、作業療法士や理学療法士がいます。
作業療法士と理学療法士は、医師と連携してひとりひとりににリハビリの計画を立案し、リハビリを指導・監督するのがおもな役割です。
リハビリは継続的な取り組みが欠かせないため、専門知識だけではなく利用者とのコミュニケーション能力も求められます。
日常生活をサポートするため、介護スタッフも欠かせません。
食事や入浴などのサポートなどで高齢者と触れ合う機会が多く、一番身近な存在といえるかもしれません。
施設の規模によっては、専任の栄養士を所属させて毎日の食事やおやつを工夫していることもあります。
スタッフみんなで協力しているから、人とのつながりが実感できる仕事なのです。

高齢者が必要としている医療ケアはひとりひとり異なり、回復の状況も個人差があるため、各職種が緊密に連携して見守ることが大切です。
高齢者の家族の相談相手として、ケアマネージャーが在籍していることもあります。
自宅に戻ったあとの過ごしかたなどの相談ができます。